アスベスト対策-膜天井工法
 
一般財団法人日本建築センターによる、「衝撃予防措置技術」として建設技術審査証明書(建築技術)を取得しています。
アスベスト含有吹付バーミキュライト及びアスベスト含有パーライトが露出した天井に接触することなく、新しい天井を形成する事ができ、また設置後も利用者は継続的に安全な居住空間が確保出来ます。施工においては短期間で且つ大がかりな養生等を実施することなく、利用者に過大な負担をかけることなく施工が可能です。
膜天井囲い込みアスベスト対策